美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

増毛法の種類とそれぞれのメリット・デメリット

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

タイプ別に見る増毛法のメリット・デメリット

増毛方法は、主に以下の4つのタイプに分けられます。

●結毛式タイプ
自毛の根元に人工毛を数本ずつ結びつけて、髪が増えたように見せる方法です。通気性がよいので、頭皮が蒸れたり、肌荒れを起こしたりする心配はほとんどありません。普段の生活に支障をきたすことなく増毛できます。ただし、人工毛を結びつけられた自毛に負担がかかり、抜けてしまう可能性があります。また、自毛が生えていない部分にはつけることができません。

●編み込みタイプ
頭部全体に特殊な糸で編みこみ土台をつくり、そこに装着する人工毛を編み込んでいく方法です。土台に編みこむので、自毛に負担がかからず、通気性もよいという魅力があります。また、仕上がりが自然で、ずれる心配もないので、つけたままでのシャンプーや激しい運動も可能。自毛が伸びてくると編み直さなければならないため、月1回程度メンテナンスが必要になります。

●接着タイプ
薄いシートに人工毛を植え付け、それを接着テープや接着剤で頭皮に貼り付けて、髪が増えたように見せる増毛法です。結毛式タイプや編み込みタイプと違って、自毛が生えていない部分も増毛できます。生え際なども再現でき、仕上がりが非常に自然です。ただし、頭皮が密閉されて蒸れたり、接着剤が肌に合わなかったりして、炎症を起こすことがあります。

●増毛スプレー
増毛剤スプレー」や「増毛パウダー」などがあり、薄毛が気になる部分の自毛や頭皮に黒い粉を振りかけ、髪が濃くなったようにみせる方法です。自分で行うので他の増毛法に比べ手軽です。ただし増毛剤は、水に弱いので、激しい運動をして汗をかいたり、雨に濡れてしまったりすると、溶け落ちてくるのが難点です。また、シャンプーでも落ちるので、毎日ふりかけなくてはならず、手間がかかります。

このように、それぞれの増毛方法にメリット、デメリットがあります。その両方を理解した上で自分に合った増毛法を選びましょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 堀井皓典
  • 宮村卓
  • 秦俊昭
  • 西岡弘記
  • 上林淑人
  • 正木健太郎
  • 大多良俊光
  • 山川美佐

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.