美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

かかとの乾燥の原因と改善方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/11/30

体の中でも、特に乾燥が目立ち、すぐにゴワゴワ、ガチガチになってしまいやすいのが「かかと」です。今回は、そんなかかとの乾燥の原因と改善方法をご紹介していきます。

かかとが乾燥してしまうその原因を追求!

かかとは、なぜ乾燥しやすいのでしょうか。その理由のひとつは、皮脂を分泌する皮脂腺がないことにあります。皮脂は、天然のクリームのように肌をコーティングし、皮膚にうるおいやなめらかさを与えてくれます。また、外からの刺激を防いで、皮膚を保護してくれます。その皮脂が分泌されないかかとは、どうしても乾燥しやすいのです。

また、かかとは、立ったり歩いたりするたびに、摩擦や圧迫といった物理的な刺激が加わる部位でもあります。皮膚の一番外側には、肌を保護するバリアとして機能する「角質層」がありますが、かかとは、こうした物理的な刺激によって、角質層がダメージを受けるため、そのバリア機能が低下し、肌内部の水分が蒸発しやすいのです。

角質層が乾燥すると、肌は「水分を蒸発させないためにバリアをもっと丈夫にしよう」と、新しい角質細胞をどんどんつくり出します。しかし、このように急いでつくられた角質細胞は、未熟で形も不完全なため、どんどん積み重なって、厚く硬くなっていきます。

また、冷え性で血行が悪かったり、リンパが滞って脚がむくんだりしていると、新陳代謝が悪くなるので、古くなった角質がいつまでも肌に残り、余計に角質が蓄積され、かかとがどんどんゴワゴワになります。

そして、角質を覆う油分や角質層内の水分が不十分なため、弾力を失い、ちょっとしたことでもひび割れや亀裂が生じるようになるのです。

ガサガサかかとを改善する方法とは?

カチカチになっているかかとは、保湿ケアだけでは、なかなか改善しづらいものです。まずは、蓄積された古い角質を取り除くことから始めましょう。ただし、角質を削り過ぎると、肌に必要な角質まで傷つけてしまい、その防御反応で、かえって角質化が進むことがあります。まずは湯船に浸かって、角質をやわらかくしたうえで、軽石や専用のスクラブ剤を使って、少しずつ取り除いていきましょう。

また、角質除去のケアをした後は、クリームでしっかり保湿することが大切です。冷えによる血行不良で新陳代謝が衰えている人は、血行をよくする「ビタミンE」配合のクリームがおすすめです。また、角質をやわらかくする作用がある「尿素」配合のクリームも、カチカチになったかかとの改善に効果的です。

そして保湿クリームを塗った後は、きちんと靴下を履いて、乾燥と冷えを防ぎましょう。

ガサガサかかとの原因は水虫かも…

かかとのガサガサは、水虫が原因というケースもあります。水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」というカビが、皮膚に感染して起こる感染症です。水虫にもいくつか種類がありますが、「角質増殖型」というタイプは、足裏全体、特にかかとの角質層が厚く硬くなり、皮膚がむけて、ひび割れてくるのが特徴です。また、かゆみはほとんどありません。指の間などに発症した水虫を放置していると、菌の感染が角質の奥深くにまでひろがり、角質増殖型になってしまうことがあるので注意しましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 武田昇
  • 大庭英信
  • 林理華
  • 正木健太郎
  • 石井良典
  • 黒田愛美
  • 杉野宏子
  • 板東浩

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.