1425名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

最新情報

〇〇技術で超リアルな避難訓練!?

更新日:2017/09/13

9月1日(金)、竹中工務店の東京本店(東京都江東区)で行われた「2017年度東京本店消防訓練」にVRが活用されました。

この試みは、竹中工務店が開発した災害事象の統合VRシステム「maXim(マキシム)」を、株式会社クリーク・アンド・リバー社の動画視聴システム「アイデアレンズK2プラス」を用いて実際に視聴するというもの。12人同時にリアルな映像を視聴しながら避難訓練が行われました。

VRは、ヘッドマウントディスプレイを通じて映像を視聴することで360度の3D世界に入り込むことができる技術。ゲーム機器や、医学生の医療トレーニングにも応用され、2016年はVR元年と呼ばれています。

地震、火災、高潮などの災害をVRを使ってリアルに体験することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

例えば、あらかじめ災害時の対応方針を決めていたとしても、煙が出たり、人々が殺到する実際の災害の現場では勝手が違うということも考えられます。その点、VRの技術を用いた「maXim(マキシム)」では、火災が発生した際の煙の方向や拡散状況、避難階段の混雑状況などが科学的な解析に基づいて再現されます。

通常の避難訓練は五感が「安全」と認識する中で行動しますが、VRを用いると災害の危険性を感じとりながら避難経路などを確認することができるのです。危険性をリアルに感じる中で訓練を行うことで、実際の災害時に訓練通りに行動できる可能性も高まるのではないでしょうか。

株式会社クリーク・アンド・リバー社の「アイデアレンズK2プラス」はこれまで主に企業の教育研修やアミューズメント施設などで使用されていましたが、今後は、企業向けだけでなく地域の防災訓練向けにも積極的に展開していくとのこと。

↑竹中工務店開発の「maXim(マキシム)」複数災害の統合可視化イメージ

参考(参照2017-09-12):
VRで、リアルに災害を体感!消防訓練にVR・HMD「アイデアレンズK2+」活用~ 竹中工務店の災害事象統合VRシステム「MaXim」を搭載 ~
(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000988.000003670.html)

メンズライフカテゴリ一覧

参画医師1425名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 辻直樹
  • 内川晶氏
  • 桐渕英人
  • 内田佳孝
  • 津田智幸
  • 齋藤昌美
  • 北川哲太郎
  • 瀬川春奈

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.