美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

男性の脂性肌にオススメの化粧水とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

男性の脂性肌にオススメの化粧水とは

洗顔と保湿は必ずセットで

肌がベタつきやすい脂性肌の男性は皮脂汚れを落とす洗顔だけを念入りに行い、その後の保湿ケアを怠りがちです。「ベタベタするから何もつけたくない」と思うかもしれませんが、洗顔後の肌は皮脂膜や角質層の保湿因子まで流れ出てしまっているので、無防備でとても乾燥しやすい状態になっています。

そのまま放っておくと肌を守ろうとして皮脂の分泌がさらに活発になり、かえってベタつきが悪化してしまうので、きちんと保湿ケアを行いましょう。洗顔と保湿は必ずセットで行うことが大切です。

脂性肌の化粧水選び

保湿ケアの最初のステップは「化粧水」をつけること。化粧水をつけることによって肌が潤うだけでなく、その後につける美容液や乳液などが、より浸透しやすくなるのです。

化粧水には様々な種類のものがありますが、肌のベタつきが気になる人は保湿を目的としていてサッパリしたつけ心地のものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンC誘導体入の化粧水

また脂性肌の人には皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を引き締めたりする効果がある「ビタミンC誘導体入り」の化粧水もオススメです。

ビタミンC誘導体とは、様々な美肌効果があるビタミンCを、そのままでは肌に浸透しにくいため肌に浸透しやすい形に改良したもののことです。いくつかの種類がありますが、なかでも「リン酸アスコルビルMg」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPSもしくはアプレシエ)」、特に「イソステアリルアスコルビルリン酸2Na」は浸透性が高くて有効です。

ビタミンC誘導体入の化粧水を選ぶ時は成分表示を見たり、お店の人に確認したりして、これらの成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

正しい化粧水のつけ方は?

化粧水をつける時は肌の乾燥を防ぐために、洗顔後なるべく早くつけることが大切です。また、つける量が少なすぎるのは良くありませんが、大量につければ潤い効果が上がるというものでもありません。使用方法を見て、適量を守るようにしましょう。

化粧水をつける時に、顔をパチパチと手で叩いてパッティングする人がいます。そのほうが肌に成分がよく浸透するように感じるのかもしれませんが、あまり効果はないようです。それどころか肌を叩くと、刺激で赤ら顔やシミの原因になることもあるので注意しましょう。

また、ゴシゴシこすりつけるように化粧水をつけるのも肌の表面を傷つけてしまうため厳禁です。化粧水をつける時は、まず手のひらで顔全体にさっとなじませ、仕上げに乾燥しやすい目元やフェイスラインを手のひらでやさしく押さえるようにしてなじませていきましょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 相澤浩
  • 植村元貴
  • 樫山洋子
  • 西川陽平
  • 山田哲雄
  • コッツフォード 良枝
  • 林和弘
  • 武田りわ

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.