美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

脂性肌の男性こそクリームが必要

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

クリーム

脂性肌でもクリームを使おう

脂性肌の男性は見た感じでは乾燥と無縁のように思えるので、クリームは必要ないと思うかもしれません。しかし皮脂の分泌が過剰になるのはほとんどの場合、乾燥が原因です。

乾燥によって肌を守るバリア機能が弱くなると、それを補おうとして皮脂が過剰に分泌されるようになるからです。そのため脂性肌のスキンケアでは、保湿ケアが欠かせません。

ですが化粧水や美容液をつけただけでは水分が蒸発してしまうので、それらの有効成分を肌にとじこめるために、クリームや乳液でしっかりと蓋をしましょう。

クリームと乳液の違いは、主に油分と水分のバランスの違いです。クリームのほうがこってりとしたテクスチャーを持つ特徴があります。肌に対する役割は同じなので、必ずしも両方を重ねてつける必要はありません。どちらか一方を、使いやすさやつけ心地の好みで選ぶと良いでしょう。

脂性肌にオススメのクリーム

脂性肌の人はこってりしたものではなく、さっぱりした感触でなじみの良い「さっぱりタイプ」のクリームを選ぶようにしましょう。またセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されているものは、保湿効果が高いのでオススメです。

セラミド…肌のバリア機能を果たしている角質層で、細胞と細胞の隙間を埋めている「角質細胞間脂質」の主成分です。非常に高い水分保持力を持ち、継続して使えば肌の水分を増やすことができます。

ヒアルロン酸…肌の表面や角質層で水分を抱え込んで保湿する効果があります。

コラーゲン…ヒアルロン酸と同じく、肌の表面や角質層で水分を抱え込んで保湿する効果があります。

どんなに有効成分が入っているクリームでも、つけ心地が合わなければ使うのが嫌になってしまいます。購入する前に店頭にあるテスターで試し塗りをして、実際につけ心地を確認するようにしましょう。試供品をもらうのもオススメです。

クリームの正しいつけ方

(1)クリームをつけるときは、化粧水や美容液が肌になじんでからつけることが大切です。化粧水などをつけた後にすぐにつけるのではなく、3分ほど時間を置いてからつけていきましょう。

(2)クリームを手に取ってからも、いきなり顔につけるのではなく、まず始めに手のひらで少し温めましょう。温めることでクリームがやわらかくなり、肌になじみやすくなります。

(3)頬、額、あごにクリームをつけ、両手で中央から外に向けて顔全体に伸ばしていきます。この時、肌を強くこすったり擦り込んだりすると角質層を傷つけてしまいます。ゆっくりと、やさしく丁寧に伸ばしていきましょう。

(4)顔全体に伸ばし終わったら余ったクリームを薬指の腹を使って、乾燥しやすい目元にやさしく伸ばします。薬指を使うのは、一番力が入りにくい指だからです。

(5)最後に手のひらで顔全体をやさしくハンドプレスしていきます。こうすることによって手の圧と体温でクリームが肌になじみやすくなり、さらにマッサージの効果もあります。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 相澤浩
  • 植村元貴
  • 樫山洋子
  • 西川陽平
  • 山田哲雄
  • コッツフォード 良枝
  • 林和弘
  • 武田りわ

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.