美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

脂性肌の男性が使用すべき乳液とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

脂性肌

どうして肌はベタついてしまうのか?

皆さんは、乳液を使ったことがありますか?肌がベタつきやすい脂性肌の男性は、乳液を使うと余計にベタベタするような気がして「乳液なんか使う必要がない」と思っているかもしれません。

でも、それは大きな間違いです。そもそもなぜ、脂性肌の人の肌がすぐにベタついてしまうのかご存じですか?それは、皮脂の分泌が過剰だからです。

ではなぜ、皮脂の分泌が過剰になってしまうのでしょう?それは、「角質層」が保持している水分の量が少なくなっているからです。

角質層は肌内部の水分が蒸発するのを防いだり、外部からウィルスや雑菌が進入しないようにブロックしたりするバリアの機能を果たしています。健康的な角質層は、たっぷりと水分を抱え込んだ「角質細胞」がレンガのように整然と積み重なっており、さらにその隙間をセラミドなどの「角質細胞間脂質」がピッタリと埋めています。

しかし何らかの原因で角質層の水分量が低下すると、スカスカの状態になってバリアの機能を果たせなくなります。すると肌は、皮脂の分泌量を増やしてバリアの機能を補おうとするのです。これが肌がベタついてしまう原因です。

乳液の役割

過剰な皮脂の分泌を正常に戻すには、角質層の水分量を増やす必要があります。そこで重要になってくるのが保湿ケアです。

保湿ケアというと化粧水をつければ良いと思うかもしれませんが、化粧水をつけただけでは水分が蒸発してしまいます。お手入れの最後には乳液やクリームを使って、しっかりと潤いを肌に閉じ込めるようにしましょう。

脂性肌にオススメの乳液

とは言え脂性肌の人があまり油分の多い乳液を使うと、吹き出物の原因になることもあります。さっぱりタイプと記載されているものやウォーターベースのものなど、さらっとしたつけ心地のものを使うと良いでしょう。

ドラッグストアなどに行けば試し塗り用のテスターが置いてありますから、購入する前に手の甲などに塗ってみて、実際につけ心地を確認してみましょう。

乳液の正しいつけ方

(1)化粧水や美容液をつけてすぐに乳液をつけると、混ざってヌルヌルになってしまいます。3分ほど待って、化粧水などが肌になじんでから乳液をつけるようにしましょう。

(2)乳液をつける時は、まず手のひらに乳液を取り、両手のひらですり合わせながら乳液を人肌に温めましょう。こうすることで、肌になじみやすくなります。

(3)両手のひらに伸ばした乳液を、頬から広げて顔全体になじませていきます。この時、肌を強く摩擦すると角質層を傷つけてしまうので、肌に擦り込むのではなく、やさしく肌の上をすべらせるようにしてつけていくのがポイントです。

(4)顔全体に乳液をなじませたら、余った乳液を薬指の腹を使って乾燥しやすい目元にやさしく伸ばします。薬指を使うのは、一番力が入りにくい指だからです。

(5)最後に手のひらで顔全体をやさしくハンドプレスしていきます。こうすることによって、手の圧と体温で乳液が肌になじみやすくなり、さらにマッサージの効果もあります。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 伊藤康平
  • 小林美幸
  • 加藤聖子
  • 篠原三秀
  • 石井秀典
  • 高野邦雄
  • 芳賀菜未香
  • 赤須玲子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.