美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

一日に何本抜けるとまずい?抜け毛の本数をチェックしよう

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

ヘアサイクルで見る抜け毛の本数

一日の抜け毛の本数は、髪の毛の平均的な総数とヘアサイクルの数値をもとに計算することができます。

日本人の髪の毛の総本数はおよそ10万本といわれていますが、このうち85%が成長期の髪、15%が退行期および休止期の髪で成り立っています。ここから計算すると、一日に抜ける髪の毛は、日本人の場合は約50~100本であれば正常範囲と言えます。

抜け毛は、シャンプーしない日が続いたり、生活習慣の乱れや過度のストレスがあると、一日あたり100~200本に増えることがあります。一時的なものであれば、生活習慣の見直しによる体調管理でほぼ問題ありませんが、続くようであれば、男性ホルモンによる影響など、他の原因もからんでいると考えられます。また、本数がほとんど変わらなくても、抜け毛が細かったり短い場合は薄毛につながる抜け毛の可能性があるため、注意が必要です。

秋口は抜け毛の本数が多くなる?

季節の変わり目には抜け毛が増えるといわれています。もっとも多くなるのは夏の終わりから秋にかけての期間で、一日200本前後抜けることもあります。原因としては、夏の間に浴びた強い紫外線や体の疲労、気候の変化によるホルモンバランスや自律神経の乱れなどがあげられます。

抜け毛を予防するには?

夏の強い紫外線の影響や疲労により秋口に抜け毛が増えることを見てもわかるとおり、頭皮環境の悪化は抜け毛を引き起こす大きな要因となります。よって、まだ寿命が来ていない毛髪が抜けてしまうのを防ぐには、何よりも頭皮を健康に保つことが大切です。

では、頭皮環境を悪化させる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?主な原因についてまとめました。

間違ったシャンプー

頭皮の不衛生はベタつきや毛穴のつまりの原因となるため、毛髪によくありません。しかし逆に、洗髪のしすぎは必要な皮脂まで流してしまうため、頭皮環境の悪化につながります。シャンプーは夜の入浴時に1回、指のはらでマッサージしながら洗うようにしましょう。また、洗浄力の強すぎるシャンプーも頭皮に必要な皮脂まで取りすぎ、逆に過剰分泌の原因になるため、抜け毛が気になる方はアミノ酸系など、頭皮にやさしい成分が配合されたシャンプーの使用をおすすめします。

※詳しくは『頭皮に良いシャンプーの選び方』をご覧下さい。

紫外線の影響

紫外線の影響による日焼けで、頭皮が炎症を起こす場合があります。また、毛母細胞や色素形成幹細胞がダメージを受けると、抜け毛や白髪の原因になるともいわれています。炎天下に長時間いるような時は帽子を着用するなど、対策を施すようにしましょう。また、紫外線を浴びた後の頭皮ケアをどのようにするかによっても、ダメージの度合いは変わってきます。保湿成分が配合された育毛剤を使ってマッサージするなど、頭皮をいたわるよう心がけましょう。リラックスできる香りや、使い心地の良い製品を使えば、ストレス解消にもなり一石二鳥です。

乱れた生活習慣による体内機能の悪化

頭皮も体の一部である以上、体内機能の悪化が影響しないわけがありません。食生活や睡眠、飲酒や喫煙、ストレスの溜まり具合など、自身の生活が体にダメージを与えていないかを見直すことも重要です。

普段からの頭皮環境こそが未来の毛髪をつくることを忘れず、無理のない範囲で意識した生活を送るようにしましょう。

抜け毛とはの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 貞政裕子
  • 谷川知子
  • 徳永真理
  • 日比野佐和子
  • 津田智幸
  • 保志名勝
  • 青山秀和
  • 安田洋

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.