美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

乾燥肌の赤みの改善方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/22

肌の赤みは、乾燥の末期症状かも

肌の水分量が減少した乾燥肌は、肌を外的刺激から守ろうとするバリア機能が壊れてしまっている状態です。肌が乾燥すると、まずつっぱりを感じ、カサカサとした手触り、皮剥けなどが症状として表れます。

さらに、乾燥が進行すると肌自体が敏感になってしまい、赤みを帯びてくることも。これは、かなり乾燥状態がピークになっている状態です。そのままにしておくと、痒みが出てかぶれてしまったり、腫れたりとさらに大変なことに。すぐに赤み肌対策をすることが大切です。詳しくは『乾燥肌で、かゆみが出た場合の対処法』をご覧ください。

赤み対策は、ケアと生活習慣の見直し

肌の赤みは、乾燥がかなり進行して、肌が敏感になっている状態。保湿ケアはもちろん大切なことですが、赤みが出ているときはいつもより、生活習慣に気をつけてみましょう。

(1)なるべく刺激を与えない
洗顔もスキンケアも、「とにかくやさしく」がポイント。刺激の少ない洗顔料で指が手に触れないように泡で洗い、その後のスキンケアもコットンや手でバシャバシャとしないで、少量ずつゆっくりと浸透させるように行いましょう。手のひらでハンドプレスをする感覚です。

(2)スキンケアはセラミド配合のものを
乾燥による赤みが出ている肌は、前述したように肌のバリア機能が低下している状態です。そんなバリア機能を助けてくれるのが、セラミドという成分。セラミドは、細胞の間でスポンジのように水分や油分を抱え込んでいる細胞間脂質の主成分で、肌に与えることで水分をたっぷりと含んだみずみずしい肌がキープできると言われています。

(3)充分な睡眠をとる
睡眠中は、肌が再生をスタートする時間です。とくに午後10時頃〜午前2時頃までは“肌のゴールデンタイム”とも呼ばれ、肌再生が最も活発になる時間。この時間に眠りにつくことが理想と言われています。充分な睡眠は、肌そのものの再生力を高めてくれる大切なものです。ぜひ、今夜は早めにベッドに行ってみてください。

(4)保湿に良い食べ物を摂る
スキンケアだけでなく、食事からも保湿効果を高めるのも大切なポイントです。保湿に良い食材は、コラーゲンやビタミン、ミネラルが豊富なもの。中でもコラーゲンは、スキンケアではなかなか吸収されにくいとも言われていますので、食事で補うことをオススメします。手羽先や豚足などを、積極的に食べましょう。

乾燥による赤みは、毎日鏡を見るたびに気になってしまうもの。今日からスキンケアと生活習慣を少し見直してみて、健やかな肌に近付いていきましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 林博之
  • 髙梨真教
  • 田路めぐみ
  • 中居弘一
  • 慶田朋子
  • 石井良典
  • 津田智幸
  • 西谷直輝

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.