美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

毛穴の黒ずみに効く洗顔

更新日:2016/12/09 公開日:2014/02/27

黒ずみを放っておくとどうなる?

洗顔

毛穴に詰まっている角栓は皮脂と古くなった角質が混じり合ったものですが、この角栓が酸化すると黒くなっていきます。

毛穴の黒ずみを放っておくと、酸化した皮脂が皮膚に刺激を与えて活性酸素を発生させるので、毛穴の周辺の色素が沈着しシミのようになってしまうこともあります。そのままにせずに、なるべく早めに改善するようにしたいですね。

そこで今回は、毛穴の黒ずみに効く洗顔方法をご紹介します。

毎日の洗顔

毛穴の汚れを落とすには、洗顔前に蒸しタオルなどで毛穴を開いて汚れを落としやすくするのがオススメです。

蒸しタオルは、水に浸して絞ったタオルを電子レンジで1分程度加熱するだけで簡単に作ることができます。あまり熱いまま顔に乗せると肌を傷めてしまうので注意してください。

黒ずみをなくそうと思うとスクラブ入りやメントール配合の洗顔料を選んでしまいがちですが、洗浄力が強すぎるものは肌を乾燥させ、返って皮脂の分泌を活発にしてしまう可能性があります。添加物が入っていないシンプルな固形石鹸など、優しく洗えるものを選びましょう。

洗う時はゴシゴシと肌を擦ったりせず、しっかり泡立てたキメの細かい泡で汚れを浮かせるようにして、優しく丁寧に洗います。

しっかり角質を落とすためのスペシャルケア

毎日の洗顔をきちんとやっていてもザラつきが取れない時は、古い角質がまだ毛穴に残っている可能性があります。そんな時は、角質を分解する効果がある酵素洗顔を使うのがオススメです。

ただし、酵素洗顔は洗浄力が高いので週に1~2度程度使うだけにとどめましょう。また、酵素洗顔は粉末状のものが多いので慣れていない人は泡立てるのが難しいかもしれません。上手く泡立てられない人は、泡立てネットを使えば簡単に泡立てられます。

※蒸しタオルの作り方(電子レンジで1分程度加熱)は下記サイトを参照

http://bimajin.jp/column/archives/2839

毛穴・角栓の肌トラブル対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 加藤浩司
  • 前多一彦
  • 神林由香
  • 田尻豊和
  • 木戸学
  • 福田越
  • 保坂太一
  • 細野孝郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.