美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

髭剃り後にニキビができる原因

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

髭剃り後にニキビができる原因

髭を剃ると、髭と一緒に肌の角質層が削られてしまいます。角質層には、肌の水分を保持して乾燥を防ぎ、細菌の侵入を防ぐ働きがあるので、必要以上に削られてしまうと肌は乾燥し、外部刺激を受けやすくなってしまいます。

そのため、角質が削られると、体は肌を守るために皮脂を分泌し、油分を増やします。ある程度の皮脂は肌を守るために必要ですが、過剰な脂は毛穴につまってニキビの原因となります。これが、髭剃りによりニキビができるメカニズムです。

また、髭剃りをした後すぐに、ニキビにそっくりな赤いぶつぶつができることもあります。これは、髭剃り負けによる炎症で、毛嚢炎(もうのうえん)、もしくは毛そうと呼ばれます。毛嚢炎は、髭剃りによって傷ついた肌からブドウ球菌が侵入することで起こります。

ニキビとの違いはつきにくいので皮膚科への受診が必要ですカミソリや電気シェーバーが汚れていたり、切れ味が悪い刃を使っている場合にも、毛嚢炎が起こりやすくなります。

ニキビをつくらない対策

カミソリも電気シェーバーも、刃の切れ味が悪いと毛を無理に引っ張ってしまうため、肌を傷つけやすくなります。肌が傷つくと細菌が入り込みやすくなるので、使用する道具には気を配るようにしましょう。

商品にもよりますが、T字カミソリの刃は2週間程度、電気シェーバーの内刃は2年、外刃は1年を目安に交換することをおすすめします。また、肌に負担をかけないよう、髭を正しく剃ることも大切です。

カミソリでの正しい髭の剃り方

次に、カミソリで剃る場合の正しい方法についてご紹介します。電気シェーバーについては、『電気シェーバーの正しい使い方』をご覧ください。

  • (1)髭を剃る前には、洗顔をした後に蒸しタオルを顔にのせ、髭をやわらかくします。
  • (2)シェービング剤をつけ、カミソリの滑りをよくします。
  • (3)髭は、毛の生えている方向に沿って剃ります。剃り残しがあれば、その部分だけ逆剃りします。
  • (4)剃った後は洗顔し、化粧水と乳液、美容液でお手入れします。

※詳しくは『髭剃りで肌を傷つけないコツとは』 をご覧ください。

髭を剃り終わったら、道具のお手入れもしっかり行いましょう。カミソリはきれいに洗い、風通しのよい乾燥した場所で保管します。電気シェーバーは、水洗いできるものは電源を抜いて洗い、さらに専用のクリーニング液や薬用ハンドソープで洗浄して、乾燥した場所で保管してください。

(詳しくは、『電気シェーバーの正しい手入れ・保管方法』をご覧ください。)

カミソリやシェーバーが汚れていると、正しく髭を剃っていても、そこから細菌が肌に入り込んでしまうので、注意しましょう。

敏感肌でニキビなどの肌荒れがなかなか改善しない方は、髭剃りそのものが必要なくなる脱毛を検討するのも一案です。肌トラブルをなくすためにも、自分に合った方法を探しましょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 勝野雅弘
  • 大澤一弘
  • 伊藤まゆ
  • 荒尾直樹
  • 吉田孝二
  • 中島義明
  • 前田拓摩
  • 吉岡敦子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2023 SHARING BEAUTY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED