美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

自宅で、もみあげを手入れする方法

更新日:2017/05/17 公開日:2015/01/30

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

ハサミ

もみあげを手入れする習慣を

美容院で髪をスッキリ整えても、しばらくすると伸びてきた、もみあげのうねりやモサッとした感じが気になります。

とくに毛深い人の場合は、無意識の内に、ヒゲともみあげが繋がることもあります。しかし、もみあげを整えるためだけに、美容院へ行くのはためらいがあります。かといって、そのままにしておくのも、清潔感がありません。

剃るなら電気シェーバーを

もみあげの手入れというと、余分な毛をカミソリで剃るという人が多いかもしれません。しかし、カミソリを使うと、毛と共に角質層まで削り取ってしまうので、肌にダメージを与えてしまい、ヒリつきや赤み、乾燥などの肌トラブルを起こしやすくなります。

もみあげを剃るときは、カミソリではなく、小ぶりの電気シェーバーなどを使うといいでしょう。電気シェーバーなら、刃が肌に直接触れないので、カミソリに比べて、肌を傷つけにくいというメリットがあります。また、剃ったあとは、保湿ケアをしっかり行うことも忘れないでください。

もみあげの切り方

もみあげの毛が伸びて、ハネやうねりが出てきたときは、ハサミでカットしましょう。切り方は、目の細かいクシで、もみあげを後ろから前に向かってとかしつけ、もみあげの形から前(頬の方)に、はみ出ている毛だけをカットします。その後、今度は前から後ろに向かってくしでとかしつけ、後ろ(耳の方)にはみ出ている毛だけをカットします。

もみあげを短くカットする場合は、眉ペンシルを使用し下書きを描いてから、シェーバーやはさみでカットすると失敗がすくないです。

脱毛するという手段も

自分でもみあげの手入れをするのが面倒だったり、毛深くて剃り跡が青くなったりするという人は、サロンや美容クリニックで、もみあげの脱毛をするのもいいでしょう。完全に毛を無くすのではなく、もみあげの量を薄くしたりすることも可能です。

(もみあげのセルフケア方法 監修:ヘアメイク/髙徳 洋史〈LYON〉)

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 堀田和亮
  • 曽山浩輔
  • 吉岡敦子
  • 西岡弘記
  • 山口麻子
  • 楠山法子
  • 保志名勝
  • 竹中ちひろ

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.