美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

毛抜きを使った脱毛

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

毛抜きでの脱毛のデメリット・注意点

毛抜きでの脱毛は毛根から抜くことができるため、次の毛が生えてくるまで時間がかかり、楽でよい方法のように思えます。実際、毛抜きを使って自己処理をしている人も多いと思いますが、皮膚トラブルなどデメリットもあるので注意が必要です。

そもそも毛は、おたまじゃくしのような形をしています。皮膚の中に埋もれている部分は毛穴の大きさより大きいのです。毛抜きを使って無理やり引き抜くことは、毛穴が開いたり、周りの細胞が剥がれてしまうなど、肌に大きなダメージを与えてしまいます。当然、痛みもともないます。

さらに、傷ついた毛穴はかさぶたや、傷同士の癒着を発生させ、毛穴をふさいでしまいます。出口を失った毛は皮膚の内部で丸まる「埋没毛」になり、ひどくなると炎症=毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こします。鳥肌のようなブツブツの肌になったり、色素沈着を起こしてしまうことも少なくありません。

毛抜きを使って自己処理をする場合は、事前に皮膚を温めて毛穴を開いておく、毛の生えている方向を見極めてまっすぐ抜くなどの工夫が必要です。また、毛を抜いた後の肌は無防備なので、雑菌感染を起こさないよう皮膚を清潔に保つことも大切です。

なお、毛抜きの場合、毛根ごと抜けるといっても、毛を作る基となる「毛乳頭」は残ります。毛乳頭は毛細胞の奥にある組織で毛細胞に栄養を運ぶ役割を担っており、これがある限り毛は再生してきます。

専門店で脱毛するという方法も

埋没毛や毛嚢炎、色素沈着などの肌ダメージを極力与えることなく脱毛をしたい場合は、脱毛専門店やクリニックで脱毛するのも一つの方法です。

専門店やクリニックでの脱毛のメリットは、なんといっても高い脱毛効果と肌への負担が少ないことでしょう。特に、クリニックでは医療用レーザーを使用できますので、より確実な脱毛が可能です。

ムダ毛や肌の状態は人によって異なりますが、それぞれに合った方法で確実な処理が可能です。また自己処理とは異なり、肌にダメージを極力与えない方法で施術を行うため、肌の弱い人でもトラブルの可能性をぐっと低くできます。

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 中井正基
  • 松林景一
  • 真崎信行
  • 馬野詠子
  • 谷口由紀
  • 寺井美佐栄
  • コッツフォード 良枝
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.