美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

鼻毛は切る方がいい?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/01/30

鼻毛を切る用のハサミ

鼻毛を抜くのは危険?

皆さんは、鼻毛の処理をどんな方法で行っていますか?毛抜きで引き抜いたり、サロンやクリニックで脱毛していたりする方が、毛根から毛がなくなって、スッキリときれいになると感じている人もいるかもしれません。しかし、鼻毛を抜くのは、あまりオススメできないのです。

鼻の中は、粘膜でできているので、ほかの毛が生えている部分に比べると、非常にデリケートです。また鼻毛は、空気とともに入ってきた雑菌やホコリを絡めとるフィルターの役割を果たしているので、鼻毛が生えている鼻の入り口付近は、汚れが付着しやすく、細菌などが繁殖しやすい部位でもあります。

鼻毛を引き抜くと、痛みがありますが、これは皮膚の一部である毛根から、毛を無理やり引きちぎっているからです。引きちぎられた傷口から、細菌が入り込んでしまうと、炎症を起こして、化膿してしまうこともあります。

しかも、鼻は脳に近い場所にあるので、化膿すると、脳にも悪影響を及ぼして、危険な状態に陥ることもあるといわれています。

鼻毛は抜かずにカットを

鼻毛の処理は、抜くよりも切るようにしましょう。外出先で、鼻毛が出ていることに気づいたときも、抜かずに処理できるように、鼻毛切り用のハサミなどを携帯しておくと便利です。

また、サロンやクリニックでの鼻毛の脱毛処理も、余程の必要性がない限りは、受けないほうが懸命です。どうしても脱毛処理をしたいという人は、何かトラブルがあったときに、きちんと対応してくれるかどうかを事前に確認し、信頼できるところで施術を受けることをオススメします。

鼻毛を切るアイテムには、鼻毛切りバサミと鼻毛カッターがありますが、短時間できれいにカットするなら、電動タイプの鼻毛カッターがオススメです。最近では、水洗いできてお手入れが楽なものや、毛くずを吸い取りながら鼻毛をカットできる吸引タイプのものもあります。

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 二階堂暁
  • 大野由実
  • 牧野良彦
  • 朽木律子
  • 棒谷智之
  • 石井秀典
  • 百枝加奈子
  • 慶田朋子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.