美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

代表的な6つの脱毛方法と最新の脱毛技術

更新日:2016/12/15 公開日:2014/12/26

主な脱毛方法

現在、エステティックサロンやクリニックで行なわれている主な脱毛方法は、以下の3つです。

ニードル脱毛

ニードル=針を、毛穴のひとつひとつに挿入して電流を流し、熱で毛根の細胞を破壊するというもの。古くから行なわれている方法で、高い脱毛効果が期待できます。

医療レーザー脱毛

黒い色にだけ反応する波長のレーザーを照射し、熱によって毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。出力が高いため医療機関でのみ取り扱っています。
現時点ではもっとも信頼性の高い方法です。

光脱毛

エステティックサロンで行われている、もっとも主流の脱毛法です。医療レーザー脱毛と原理は同じですが、医療レーザーと比べて、照射する光の出力が低いという特性があります。光が拡散して当たるため、1回の照射で広い範囲の処理をすることができます。

新しい脱毛法

従来の脱毛法は、成長期の毛に熱でダメージを与えて、毛が生えてこないようにするものです。これとは全く違った原理で脱毛する新しい脱毛法が「ハイパースキン脱毛」です。

ハイパースキン脱毛は、生えている毛を処理するのではなく、毛が抜けた後、再び「生えてくる前に生えにくくする」という考えから生まれました特殊な光線を、毛が皮膚表面に出てくる前の「休止期」の状態の毛に照射し、脱毛処理を行うようですが、理論的にそのようなことが可能なのか、はっきりとしたことは不明です。

毛穴は、毛が抜け落ちた後、次の毛を作るための準備として、発毛因子を作ります。これが成長して「毛」となるのです。この発毛因子がなくなれば毛は生えてきません。ハイパースキン脱毛では、特殊な光線を照射することで発毛因子を消滅させ、毛を発生させないようにするのです。

しかしこの発毛因子、というのが何を指しているのかはよくわかりません。また「特殊な光線」というものもメーカーのホームページには詳しい記述はありませんでした。

この特殊な光線は、照射されても温かいと感じる程度の熱量なので、肌に与えるダメージが少なくなります。そのため、やけどや色素沈着などの肌トラブルが抑えられます。

医学的な根拠には乏しいと思われますし、どれだけ効果があるのかのデータも少ないようですが、もしこれらの広告が本当ならば夢の脱毛法と呼べるかもしれません。

肌トラブルが少なく、痛みもない。さらに高い効果が期待でき「夢の脱毛法」とも言われているハイパースキン脱毛。子供にも施術できるほど危険性が低い脱毛法として、注目を集めています。

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 櫻井直樹
  • 奥田宗央
  • 冨田実
  • 吉岡敦子
  • 出口正巳
  • メンズスキンケア大学参画ドクター
  • 梶原朋恵
  • 青山秀和

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.