美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

つながる眉毛の対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/01/30

男性

眉頭の位置の決め方

眉間は、産毛が生えているだけでも目立つ場所なので、眉毛がつながっていると、かなり気になってしまうものです。

男性の場合、眉頭(眉のスタート地点)は、目頭の位置よりも3〜4㎜ほど、内側の位置にするのが理想的だと言われています。鏡で自分の目頭をよく確認し、眉頭にする位置を決める方がよいでしょう。

近年の傾向として、山にならない眉や垂れ眉、下がり眉などが幅広い世代で人気だそう。優しい印象を他人に与えることから、取り入れる方が多いようです。

つながり眉の処理方法

眉頭の位置が決まったら、次は、眉間に生えているムダ毛をどうやって処理するかです。簡単な処理方法はカミソリで剃ることですが、剃った毛の断面が大きくなるので、剃りあとが青くなったり、毛が伸びてきたときに、余計に太く、濃く見えてしまったりする可能性があります。

ですから、自分でつながり眉の処理をするなら、毛抜きで抜いたほうが良いでしょう。ただし、眉間は痛みを感じやすいので、入浴後など、毛穴が開いているときに抜くのがオススメです。

また眉間は、皮脂の分泌が盛んなので、毛穴に雑菌が入ってニキビができないよう、清潔な毛抜きを使い、処理後は、化粧水や乳液で、きちんとスキンケアをすることが大切です。

専門機関に頼るという手も

セルフケアで眉毛周辺の肌が荒れる場合、専門機関に頼るもの一つの手段です。形成外科や美容クリニックでレーザー脱毛をしたり、眉毛専用のサロンに行き、ワックス処理するという方法もあります。

光照射によるレーザー脱毛の場合、眉下と目の間のまぶたの脱毛はできません。まぶたの皮膚が薄いことと、眼球との距離が近いことが理由です。光照射は、「黒い物」に反応するため、過って「黒い眼球」に光があたってしまうと、失明する恐れがあります。

眉毛の毛周期は1ヵ月ほどといわれ、レーザー脱毛の場合月に1回ケアすることが必要になってきます。毛髪に関する専門知識をもったプロの丁寧な説明のもと、脱毛処理を受けることができるのが専門機関の利点です。

(眉毛のセルフケア方法 監修:ヘアメイク/髙徳 洋史〈LYON〉)

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 吉田孝二
  • 西川陽平
  • 望月正史
  • 伊藤まゆ
  • 中川桂
  • 坂本有孝
  • 石原信浩
  • 筑丸志津子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.