美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

髭の脱毛の方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/03/27

髭の脱毛の方法

家庭での髭の脱毛は危険?

髭は顔の一部ですので、腕やすね毛とは異なり、もし脱毛に失敗して赤くなったり腫れてしまったりしたら大変です。

脱毛ワックスは基本的に髭には使うことができませんし、家庭用のレーザー脱毛器で髭にも使用可能と謳われているものもありますが、生兵法は大怪我のもと。エステや医療機関の力を借りるのが確実でしょう。

最も効果の高いのは医療用レーザー脱毛

現在ある脱毛方法で最も効果が高いのが、医療用のレーザー脱毛です。

医療機関では家庭やエステでは取り扱えない強い出力のレーザー光を扱えますので、脱毛効果が高く、処置にかかる時間も少なく済みます。

レーザーの出力が強い分、痛みも激しく、処置後に皮膚トラブルが起きてしまう場合もありますが、医療機関なら専門医が麻酔や薬を処方してくれるので安心して行える脱毛方法と言えます。

エステで行える痛みの少ないフラッシュ脱毛

上記のように、医療用のレーザー脱毛は出力が強いためエステでは使用できません。

エステでは、医療用レーザーより出力の弱いフラッシュ脱毛という脱毛方法が広まってきています。フラッシュ脱毛は、黒いものに反応する特殊な周波の光を脱毛したい部分に当て、毛根を処置するという脱毛方法です。

出力が弱い分繰り返しの処置が必要ですが、その分痛みが少なく、費用も比較的安いのがメリット。ただし、黒いものに反応する光のため、日焼けした肌には施術できない場合があります。

ピンポイントに脱毛できるニードル脱毛

「針脱毛」とも呼ばれるニードル脱毛は、レーザー脱毛が広まるまでは医療機関でも主流だった脱毛法で、現在ではエステで主流の脱毛法ですが、今でもニードル脱毛を行っている病院もあります。

ニードル脱毛の特徴は、毛根ひとつひとつに直接細い針で弱い電流を流し、処置を行っていくこと。その分時間もかかりますし、痛みも伴いますが、髭の脱毛したい部分のみを脱毛し、残したい部分はそのまま残せるというメリットがあります。

エステで行う場合、麻酔が使用できませんので痛みに耐える必要がありますが、髭をデザインできるというのはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛にはない長所です。

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 櫻井直樹
  • 奥田宗央
  • 冨田実
  • 吉岡敦子
  • 出口正巳
  • メンズスキンケア大学参画ドクター
  • 梶原朋恵
  • 青山秀和

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.