美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

ワックスを使った脱毛方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

ワックス脱毛とは

ワックス脱毛とは、脱毛したい部位に脱毛用ワックスを塗り、専用のシートを貼ってから一気に毛を引き抜くムダ毛処理方法です。シートを使わず、ワックスそのものを固めて毛を引き抜くというものもあります。

ワックスが使用できる部位は、腕、胸、腹、脚、わきなどです。髭や頭髪には適しません。近年、陰部に使用できるブラジリアンワックスというものも登場し、自己処理用に販売されているもののほか、専門店でも施術を受けられるようになっています。

自己処理の中でも効果が高いと言われるワックス脱毛ですが、毛の元から抜けるとはいえ、毛根を破壊するわけではないので、効果は一定期間しかありません。

ワックス脱毛のメリット・デメリット

何本もまとめて処理ができ、また、根元から抜くことができるので、表面の毛だけを除毛するカミソリでの処理よりも再び生えてくるまでの期間が長いといったメリットがあります。また、手軽さや費用の安さもメリットとしてあげられるでしょう。

脱毛効果は、個人差はありますが一般的には2週間~4週間程度。ただし、処理できなかった他の毛穴から毛が出てくるので、こまめにくりかえすことが必要となります。

デメリットは、痛みや皮膚トラブルです。

数本まとめて引き抜くため、ある程度の痛みがあります。温かいワックスを使った場合は多少軽減されるので、そうしたタイプを選んだり、なるべく体毛の流れに沿って剥がしたりするよう心がけましょう。

また、1本1本の毛穴の向きや毛の流れを無視して、一定方向に引き抜くため、途中で切れたり、毛穴が広がったりする原因になります。さらに、ワックスを剥がすときに、肌の表面も一緒に剥がすことになるため、皮膚が弱い人には向きません。

場合によっては内出血やかぶれ、炎症反応が起こることがあります。傷ついた皮膚が癒着することで毛穴を塞ぎ、埋没毛になる可能性もあります。

ワックスで処理をした後は、皮膚は少なからずダメージを受けています。雑菌による感染を起こさないよう、清潔に保つことが大切です。

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 坂本有孝
  • 棒谷智之
  • 相澤浩
  • 神林由香
  • 小林達也
  • 山田哲雄
  • 池田優子
  • 柏﨑喜宣

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.