美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

唇の乾燥対策

更新日:2016/12/09 公開日:2015/02/16

加湿器

唇の乾燥対策とは?

唇は、ほかの皮膚に比べて角質層が薄く、それをコーティングする皮脂膜もつくられにくいので、わずかな刺激で乾燥してしまいます。

とくに、湿度が低下する冬場になると、唇のカサつきが気になってくるという人が、男性にも多いのではないでしょうか。そこで今回は、唇が乾燥してきたときの対策方法をご紹介していきます。

唇の乾燥対策の定番はリップクリーム

唇の乾燥対策といえば、簡単なのはリップクリームを塗ることです。男性の中には、リップクリームを使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、何もつけないでいると、唇が乾いてきたときに、無意識に舐めてしまいがちです。

しかし、舐めると余計に唇が乾燥するので、どんどん悪循環陥ります。乾燥を未然に防ぐためにリップクリームを使いましょう。

リップクリームを使うときは、唇をなぞるように左右に動かして塗るという人が多いと思います。

しかし、唇は縦にシワが入っているので、縦方向に塗っていくのが正しい塗り方です。また、しっかり塗りこんだほうが、よく浸透すると思いがちですが、グリグリ押しつけると唇を摩擦してしまいます。力を入れず、軽く塗るだけにとどめましょう。

口ではなく鼻で呼吸を

意外に思うかもしれませんが、口呼吸は唇の乾燥の原因になります。ふだんあまり呼吸を意識することはないので、自分が口呼吸をしているかどうか気づきにくいものですが、口をぽかんと開ける癖がある人は要注意です。

日頃から、意識的に鼻で呼吸をする習慣をつけましょう。また、寝ているときの口呼吸も、唇の乾燥の原因になります。唇のカサつきが気になるときは、寝る前にリップクリームを塗り、マスクをつけて寝れば唇の保湿と同時に口呼吸も防ぐことができます。

マスクや加湿器で保湿を

マスクをすれば、自分の吐息で口周りを保湿することができます。唇の乾燥が気になるときは、睡眠中だけでなく、外出の際にもマスクを着用すると良いでしょう。また、部屋の空気が乾燥していると、唇も乾燥しやすくなります。空気が乾燥する季節は、加湿器を使うことをオススメします。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 貞政裕子
  • 谷川知子
  • 徳永真理
  • 日比野佐和子
  • 津田智幸
  • 保志名勝
  • 青山秀和
  • 安田洋

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.