美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

乾燥肌対策!ワセリンは顔に塗っても大丈夫?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/11/30

ワセリンは、乾燥対策に効果的な保湿剤ですが、顔に塗っても問題はないのでしょうか。今回は、ワセリンを顔に塗る際に気をつけたいポイントをご紹介していきます。

ワセリンは顔に使ってもOK?

ワセリンは、純度が高く精製された鉱物油(ミネラルオイル)からつくられているため、肌トラブルが少ない保湿アイテムです。ですから、顔にも使ってもとくに問題はありません。

ワセリンは、皮膚の中には浸透しませんが、皮膚の表面に油性の膜をつくってくれます。このため、ワセリンを塗ることで、外部の刺激が肌内部に入らないようにしたり、角質層の水分の蒸発を防いだりすることができます。また、乾燥による粉吹きやかゆみを抑えるのにも効果的です。

ただし、炎症を起こしているニキビには、ワセリンは適しません。というのも、ワセリンが毛穴を塞いでしまうことで、かえって炎症を悪化させてしまうことがあるからです。また、ワセリンには、多少のベタつきがあるので、厚く塗るのではなく、米粒大程度のワセリンを手のひらでよく温めてから、薄く塗るのがおすすめです。

顔に使う時は不純物の少ないものをチョイス

ワセリンには、「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」など、いくつか種類があります。

黄色ワセリン

精製度はそれほど高くありませんが、安価なのが魅力です。皮膚トラブルがない人には問題はありませんが、敏感肌の人にはあまり適しません。代表的な製品に「ヴァセリン」があります。

白色ワセリン

一般的に「ワセリン」というときは、この白色ワセリンのことを指します。黄色ワセリンをさらに精製し、不純物を取り除いたものです。病院や薬局などの医療機関でもよく使用されています。

プロペト

白色ワセリンをさらに精製したものです。刺激に弱い赤ちゃんやアトピー性皮膚炎の保護剤として用いられたりします。また、目の周りなど、皮膚が薄くデリケートな部位にも使えます。

サンホワイト

プロペトをさらに精製したものです。肌が敏感で、プロペトでもかぶれてしまうような人に適しています。ただし、白色ワセリンやプロペトより値段は高くなります。

不純物の多い黄色ワセリンは紫外線と化学反応を起こし色素沈着(いわゆる油焼け)を起こす可能性がありますので、顔に使用するのは避けたほうが無難と言えます。

油焼けは、白色ワセリン以上の精製度のものなら、特に心配する必要はありません。ただし開封したワセリンを長期保存していると、空気中の酸素と反応して酸化し、もともとは入っていなかった不純物が自然に発生してしまいます。このためワセリンを使う際は、なるべく早く使い切ることをおすすめします。

日焼け止めの下にワセリン

ワセリンというと、乾燥対策のための保湿剤というイメージがありますが、ほかにも利用方法があります。その1つは、日焼け止めの下地に使うこと。紫外線から肌を守るためには、日焼け止めが欠かせませんが、日焼け止めそのものも、刺激が強いものが多く、人によっては、肌にダメージを与えてしまうことがあります。そんな人は、日焼け止めを塗る前に、ワセリンを薄く塗っておくとよいでしょう。使うのは、不純物が極めて少ないサンホワイトがおすすめです。

顔にワセリンを塗るときは、皮膚が湿っている状態のときに塗るのがポイントです。保湿ケアをしたあとに、乳液などがまだ乾ききっていないうちに塗るとよいでしょう。また、皮膚をこすると、摩擦でダメージを与えてしまうので、手の平にとったワセリンは、指の腹で練ったり、手の平同士をこすり合わせたりして、柔らかくしてから塗りましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 武田昇
  • 大庭英信
  • 林理華
  • 正木健太郎
  • 石井良典
  • 黒田愛美
  • 杉野宏子
  • 板東浩

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.