美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

なんとかならない?目の周りの乾燥対策

更新日:2016/12/09 公開日:2015/11/30

目の周りは、とてもデリケートな部分なので、乾燥によって、さまざまな肌トラブルが起こってしまいます。そこで今回は、目の周りの乾燥対策をご紹介していきます。

目の周りの乾燥の原因は何?

目の周りは、皮膚がとても薄く、デリケートな部位ですが、まばたきや眼球の動き、笑ったときの筋肉の動きなど、皮膚がめまぐるしく伸び縮みをするため、常に刺激を受け続けている部位でもあります。こうしたことから、目元は、どうしても乾燥してしまいやすくなってしまいます。その結果、赤くなったり、かゆくなったり、くすんだり、小ジワができたりするなど、さまざまな肌トラブルが起きてしまうのです。

目の周りが乾燥してカサカサになっているという人は、「洗いすぎ」と「保湿不足」に、原因があるのかもしれません。男性向けの洗顔料といえば、メントールやスクラブが配合されているような洗浄力が強いものをよく見かけますが、洗浄力が強いということは、それだけ肌への刺激も強いということです。乾燥が気になる人は、マイルドな洗顔料を使うようにしましょう。

また、洗顔の際に、顔をゴシゴシこすっている人も注意してください。濡れた状態で肌を強く摩擦すると、バリアの役割をする「角質層」がはがれ落ちてしまいます。それは乾燥を招くので、目の周りを洗うときは、泡を乗せて、指で軽くなじませる程度にしておきましょう。そして、洗顔のあとは、目元にもしっかり保湿ケアをすることを忘れないでください。

また、スキンケアの改善を行っても、目の周りの乾燥が治まらず、赤みやかゆみがひかないという人は、「接触性皮膚炎(かぶれ)」や「アトピー性皮膚炎」などの皮膚疾患の可能性があります。自己判断でケアをすると、かえって症状を悪化させてしまうこともあるので、そういった場合は、早めに皮膚科医を受診しましょう。

目の下のくすみ・クマは乾燥が原因?

目の周りのくすみやクマは、寒くて乾燥する冬の季節に起こりやすいといわれています。なぜ、乾燥した季節にクマやくすみができるのかと疑問を抱く人も少なくないと思いますが、くすみやクマの主な原因は血行不良や皮膚の色素沈着によるものです

肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が低下し、それを補おうと角質層が分厚くなっていきます。そのため、肌の透明感が失われ、くすんで見えるのです。

目の周りのちりめん小ジワにも保湿が大切

目元に、浅く薄い「ちりめん小ジワ」ができている場合は、目の周りが乾燥している証拠です。ちりめん小ジワの改善には、目元の保湿ケアが欠かせませんが、化粧水や乳液だけでは十分な保湿とは言えません。優れた保湿効果を持つコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどを配合した保湿美容液も併せて使いましょう。また、シワを伸ばそうとして、マッサージをしたくなるかもしれませんが、デリケートな目元を強くこするのは逆効果です。力を入れずに、やさしくマッサージするだけに留めておきましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 林博之
  • 髙梨真教
  • 田路めぐみ
  • 中居弘一
  • 慶田朋子
  • 石井良典
  • 津田智幸
  • 西谷直輝

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.