美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

ガサガサして気になる!まぶたの乾燥

更新日:2016/12/09 公開日:2015/11/30

まぶたが乾燥して、ガサガサになったり、かゆくなったりすることがありますが、なぜ、まぶたは乾燥しやすいのでしょうか。今回は、まぶたが乾燥する原因と、その対策方法をお話していきます。

まぶたはなぜ乾燥してしまうのか?

顔は体に比べて、皮膚がデリケートにできていますが、なかでも「まぶた」の皮膚は、とくにデリケートです。というのも、まぶたの皮膚はとても薄く、その厚さは、頬の皮膚のたった1/3程度しかないからです。

皮膚の表面は、「皮脂膜」という皮脂と汗とが混じり合ってできた天然のクリームで覆われています。しかし、まぶたには、皮脂を分泌する「皮脂腺」が少ないため、十分な皮脂膜をつくることができません。このため、まぶたの皮膚は、乾燥してバリア機能が低下しやすく、外部からの刺激にとても敏感です。

また、まぶたは、まばたきで常に動いていたり、眠いときや目がかゆいときにゴシゴシこすったりしてしまいやすく、日常生活で常に刺激を受けています。さらに、紫外線の影響、洗浄力の強い洗顔料を使って洗う、疲れ目による血行不良で皮膚の新陳代謝が衰えていることなども、まぶたを乾燥させる原因になります。

まぶたの乾燥を防ぐための方法とは?

皮膚が薄く、デリケートなまぶたを乾燥から守るためには、まず、洗顔の際にゴシゴシこすったりしないことです。熱いお湯や洗浄力や刺激が強すぎる洗顔料を使うのもNGです。

そして、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。化粧水や乳液をつける際は、ついつい頬やおでこにばかり気がいってしまいますが、まぶたにも、忘れずに保湿化粧品をつけましょう。乾燥がひどいという人は、ふつうの乳液ではなく、目元専用のアイクリームを使うとよいでしょう。アイクリームなら、デリケートなまぶたを刺激することなく、しっかりと保湿できる成分が配合されているのでおすすめです。

また、保湿ケアというと、基本的に洗顔をする朝・晩だけに行いますが、実はまぶたがもっとも乾燥しやすいのは日中です。アイクリームは、できれば朝晩だけでなく、昼間にもつけるようにしましょう。

さらに、スペシャルケアとして、コットンを使って目元専用のパックをするのもおすすめです。やり方は、コットンに化粧水や美容液を染み込ませ、それを閉じたまぶたの上に5分ほど乗せておくだけです。とても簡単な方法ですが、これだけでも、まぶたをしっとりさせることができます。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 武田昇
  • 大庭英信
  • 林理華
  • 正木健太郎
  • 石井良典
  • 黒田愛美
  • 杉野宏子
  • 板東浩

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.