美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

乾燥肌のための洗顔

更新日:2016/12/15 公開日:2014/02/27

乾燥肌のための洗顔方法は?

乾燥肌のための洗顔

男性は、女性に比べて皮脂の分泌が活発です。それにも関わらず、男性でも肌が乾燥してしまうのはなぜでしょうか?

実はその大きな原因は、洗顔方法にあると言われています。そこで今回は、乾燥肌のための洗顔の注意点を解説していきます。

落とし過ぎ、洗いすぎに注意

男性の方は、肌のベタつきをなくしたりさっぱりさせたりするために、スクラブ入りやメンソール入りの洗顔料を使う方が多いのではないでしょうか。

でもこれらの洗顔料は、洗浄力や刺激が強すぎて肌を乾燥させやすい傾向があります。乾燥が気になる方は、添加物が少ないシンプルな固形石鹸など肌にやさしい洗顔料を使うようにしましょう。

また1日に何度も顔を洗う人がいますが、洗い過ぎると汚れだけでなく肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまい、肌を乾燥させます。

洗顔料を使った洗顔は朝晩の2回だけにし、それ以外の時はぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

乾燥が激しい時は、朝もぬるま湯で洗い流すだけにし、洗顔料は夜のみ使うのもオススメです。洗顔で使うお湯は、温度が高いと皮脂が落ちやすくなってしまい、乾燥の原因になりますので、必ずぬるま湯を使うようにしましょう。

洗顔はやさしく丁寧に

もう1つ男性がやってしまいがちな間違った洗顔方法は、洗顔料を泡立てずに手でゴシゴシ擦って汚れを落とそうとすることです。

汚れは泡で浮かび上がらせて落とすもの。擦り過ぎると摩擦で肌を守っているバリアがはがれてしまうので、しっかり泡立てた泡でやさしく洗います。泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使えば手軽に泡立てることができるでしょう。

もちろん、洗った後にタオルでゴシゴシ拭くのもご法度です。肌にそっとタオルを押し当てて水分を吸収させるようにしましょう。

また、洗顔料が肌に残っていると肌荒れの原因になります。生え際やもみあげ、耳の横などもすすぎ残しのないようにしっかり洗い流しましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 池上彩子
  • 大澤一弘
  • 武田昇
  • 吉木伸子
  • 柏﨑喜宣
  • 前多一彦
  • 筑丸志津子
  • 中川桂

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2022 SHARING BEAUTY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED