美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

男の眉毛の整え方

更新日:2016/12/09 公開日:2015/01/30

眉毛を整える男性

まずは道具を揃える

眉毛を整えるためには、眉毛用のコーム(くし)、ハサミ、毛抜きを揃えたいところです。また、最近では男性用のアイブローペンシルが販売されています。眉毛にラインを描いたほうが整えやすいという人は、アイブローペンシルも用意しましょう。

男性用のアイブローペンシルは、黒髪、黒眉の方は赤みの少ない焦げ茶を選ぶと自然に描きやすいでしょう。カラーをしている場合は、髪の明るさよりもやや暗めの色ががおすすめです。

眉毛の整え方

間違った眉毛の整え方をすると、肌が荒れる原因になります。毛穴の黒ずみに肌のたるみを防ぐためにも、正しい眉毛の整え方を覚えましょう。

(1)最初に、コームで毛の流れに沿って眉毛をとかし、毛流れを本来の形に整えます。

(2)顔全体のバランスを見て、眉の輪郭の形をどう整えるか、イメージを固めましょう。
眉頭(眉のもっとも内側)は、目頭よりも3〜4mmほど内側、眉尻(眉のもっとも外側)は、小鼻と目尻を結んだ延長線まで、眉山(眉毛の屈折している部分)は、黒目の外側のラインと眉尻の中間にするとバランスが良いとされていますが、眉山は、そのままの位置を活かしたほうが骨格に合います。

(3)いきなりハサミを入れるのが不安な人は、イメージしたラインをアイブローペンシルで描きましょう。ただし、自分の本来の眉毛と、極端に違う形にはしないこと。特に男性の場合、やり過ぎると不自然さが目立ちます。

(4)眉毛をコームで下からすくい上げ、はみ出た部分をハサミでカットします。このとき、コームを眉に押しつけると、短く切りすぎてしまうので、そっと当てるようにします。

(5)眉の上のラインは、あまり手を加えすぎないほう自然な形になりますが、あきらかに眉毛の輪郭からはみ出ている部分は、ハサミで根本からカットします。

(6)眉尻の下にあるムダ毛を抜き、下のラインを整えます。皮膚を少し引っ張るように押さえ、毛が生えている方向に抜くと、痛みが少なくなります。

自然な仕上がりを目指して

眉毛の形を整えるときに注意することは、不自然に整えすぎないことです。本来の眉の形を活かし、自然な仕上がりになるようしましょう。自分でうまく整える自信がない人は、美容院や眉毛サロンなど専門家からアドバイスを受けるのもいいでしょう。一度きちんと整えてもらえば、その後、手入れがしやすくなります。

(眉毛のセルフケア方法 監修:ヘアメイク/髙徳 洋史〈LYON〉)

ムダ毛の対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 貞政裕子
  • 谷川知子
  • 徳永真理
  • 日比野佐和子
  • 津田智幸
  • 保志名勝
  • 青山秀和
  • 安田洋

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.